Print | Rate this content

Integrated Lights-Out (iLO2/3) - Lights-Out Configuration Utilityのインストール方法

対象条件

  • 機種
    • HP ProLiant サーバー
  • オプション
    • Integrated Lights-Out 2
    • Integrated Lights-Out 3
  • ツール
    • HP Lights-Out Configuration Utility

解説

ここでは Integrated Lights-Out (iLO2/iLO3) を搭載したProLiantサーバーにLights-Out Configuration Utilityをインストールする方法についてご説明します。

Lights-Out Configuration UtilityはRIBCLスクリプトと呼ばれるXMLファイルを作成、iLOへ送信する事でiLOの設定変更やメンテナンスを実施するツールです。
HP Lights-Out オンライン設定ユーティリティーと同等の操作をコマンドラインインターフェイスで提供しており、HP SIMから起動してグループ管理に使用したり、コマンドプロンプトからのバッチ処理等に使用する事ができます。

操作手順

Lights-Out Configuration Utilityのダウンロード及びインストール方法は以下の手順で操作を行ってください。

  1. お使いのProLiantサーバーに搭載されているiLOに応じて、それぞれ以下のリンク先にWebブラウザでアクセスします。

    » HP iLO 2 (Integrated Lights-Out 2) ファームウェア - ソフトウェアダウンロード

    » HP iLO 3 (Integrated Lights-Out 3) ファームウェア - ソフトウェアダウンロード

  2. お使いのWindows OSを選択します。

  3. HP Light-Out設定ユーティリティ、HP Light-Out XMLスクリプティングサンプルの [ダウンロード] ボタンをそれぞれクリックします。

  4. ダウンロードしたHP Light-Out設定ユーティリティインストーラーのファイルを実行します。

  5. 規約に同意し、[Next] ボタンをクリックします。

  6. Lights-Out Configuration Utilityをインストールするディレクトリを指定します。

    コマンドプロンプトから Lights-Out Configuration Utilityを起動する際や、後述のサンプルスクリプト配置先に以下のディレクトリ情報が必要となります。
  7. [Finish] をクリックしてインストールウィザードを終了します。

  8. 手順3でダウンロードした、HP Light-Out XMLスクリプティングサンプルを解凍します。

  9. フォルダ内には様々な設定変更に使用可能なRIBCLのサンプルスクリプトが保存されています。
    これらのファイルは手順6で指定したLights-Out Configuration Utilityのインストールフォルダへコピーすることで、Lights-Out Configuration Utilityから使用可能になります。

以上で操作は終了です。

文書情報

Q&A番号:IAQA000656

最終更新日:2011/12/21

HP からのお知らせ

より詳細な情報を知りたい場合は?


※ 文書情報のQ&A番号をお控え頂き、HPエンジニアにお伝えください

・ HPエンジニアとすぐにつながります!
・ HPエンジニアがリアルタイムで、お使いの製品のちょっとした疑問を解決します!


 Non-HPE site  Non-HPE site
日本HPのスタッフが、TwitterでHP製品のサポート情報やWeb上の
便利なサービス (チャット、フォーラムなど) の情報を発信しています。

Provide feedback

Please rate the information on this page to help us improve our content. Thank you!